■プロフィール

ふくちゃん

Author:ふくちゃん
シニア夫婦の車中泊の旅、天体写真、日々の出来事など第二の人生を気楽に綴っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスカウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■楽しい情報がいっぱいのブログ村へは

こちらをクリック ⇓ ⇓ ⇓ ⇓ 

車中泊ブログは  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
キャンカー情報は
定年後の暮らしは にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

ご訪問ありがとうございました。

北海道の旅(4日目) ~まったりした1日~
6月23日(金)4日目 天気;晴れ
本日の目的;沙流川キャンプ場でまったりした1日を過ごす

本日の走行ルート;キャンプ場内で過ごす
夏旅4日目 
昨日とは打って変わり良い天気、すがすがしい朝を迎えました。
ixyIMG_05691a.jpg 
電源付オートサイト 綺麗に区画整備されている、利用者はいない、、。
ixyIMG_05751a.jpg 
朝食の準備、今日も「タケルくん」が活躍する。
ixy1a.jpg 
朝の涼しい時間内に隣接するパークゴルフ場へ、18ホールをプレイする。
(沙流川パークゴルフ場利用料:300円/1日)
ixyIMG_05831a.jpg 
今までは球に当たらないことが多かったが、少しはマシになって来た。
ixyIMG_05821a.jpg 
午後は、しばしまったりした後「日高高原荘」の温泉で汗を流し、夕食の準備に取り掛かる。
ixyIMG_05851a.jpg
本日の走行距離;0Km





スポンサーサイト
<夏>北海道の旅 | 19:25:58 | コメント(4)
北海道の旅(3日目)雨の北海道に上陸~日高町のキャンプ場へ
6月22日(木)3日目 天気;雨
本日の目的;北海道(小樽港)に上陸し日高町のキャンプ場へ移動

本日の走行ルート;小樽港 (新日本海FT)~小樽鱗友市場~道央~道東~日高町まで

夏旅3日目

AM4:30 強い雨が降る中、北海道(小樽港)に上陸です。
例年の如く、朝食を食べに早朝4時から営業をしている小樽鱗友市場の「のんのん」へ。
ixyIMG_05521a.jpg 
日替わり刺身定食を注文、市場直送品の新鮮な刺身で美味でした。
ixyIMG_05501a.jpg 
妻は「のんのん定食」を。
ixyIMG_05511a.jpg 
今日は雨続き、途中何も道草を食わずに、宿泊地の日高町の沙流川(さるがわ)キャンプ場へ一直線。
ixyIMG_05561a.jpg 
ixyIMG_05581a.jpg 
日高町運営のキャンプ場で、全面、木々に覆われ、洗い場、洗面所など設備も新しい。
ixyIMG_05591a.jpg 
車の乗り入れOKで自由にキャンプ設営のできる「オートサイトC」をお借りする(¥1300/2人)。
利用者は我々を含め3組で、管理された芝生と木立の中の綺麗なサイトを貸し切り状態です。 
今日のように強い雨が降る日はサイドオーニングが活躍する。久々にオーニングの重要性を認識する。
ixyIMG_05551a.jpg

隣接する温泉旅館「ひだか高原荘」(日帰り温泉)で汗を流す。
ixyIMG_05611a.jpg 
今夕はDC炊飯器「タケルくん」を活躍させ自炊をする。
 ixyIMG_05661a.jpg

小樽鱗友市場で仕入れたホタテや磯貝などに持参した野菜類を加え夕食とする。
ixyIMG_05651a.jpg 
明日は天気が回復するようで、ここに連泊し隣接しているパークゴルフ場でプレイを楽しみむ予定。
本日の走行距離;175Km




<夏>北海道の旅 | 20:10:43 | コメント(8)
北海道の旅(2日目) 新潟港から 小樽港に向け航行中~
6月21日(水)2日目 天気;雨
本日の目的;新潟港から新日本海フェリーで小樽港に向けて航行

本日の走行ルート;上信越道妙高PA~北陸道~新潟港(新日本海フェリー)まで
夏旅2日目 
雨の中の妙高PA、一般車の駐車場はトラックでいっぱい。この「緑の駐車場」では静かに休むことが出来る。
ixyIMG_05351a.jpg 
新潟港到着後、新日本海フェリーターミナルのレストランで朝食をとる。
ixyIMG_05371a.jpg 
乗船を待つ50台余りの車両、以前よりは車両が少ないようだ、、。
ixyIMG_05391a.jpg 
新日本海フェリー「ゆうかり」に乗船する。
ixyIMG_05421a.jpg 
本日の客室は「ステートB和室」4畳程度の海側個室・畳部屋です。
ixyIMG_05431a.jpg 
錨を上げ出港準備。
ixyIMG_05441a.jpg

新潟港を定時(10:30)出港、現在、小樽港に向けて航行中です。
ixyIMG_05461a.jpg 
入浴を済ませたので、ゆっくりと一杯飲みながら昼寝とするか。
ixyIMG_05481a.jpg
本日の走行距離;160Km

途中から電波が切れるため、早めにブログ更新します。
明朝4時30分小樽港に入港予定。






<夏>北海道の旅 | 12:10:55 | コメント(8)
北海道の旅(1日目) 夏旅の出動~
6月20日(火)1日目 天気;晴れのち曇り
本日の目的;17年夏旅(北海道)のスタートです。

本日から約1ヶ月間の予定で北海道方面へクルマ旅を開始する。
新潟港から新日本海フェリーで小樽にわたり4週間ほど北海道旅を楽しんだのち、復路は(7/17頃)津軽海峡フェリーの函館~青森を予定している。

今日は、新潟港までの中継地として、上信越自動車道「妙高PA」までの道のりとした。

本日の走行ルート;自宅~東名~国道52号線~中央道~長野道~上信越道「妙高PA」まで
夏旅1日目


積み込み完了、今回はキャンプ場での宿泊が多いため、いつもより荷物が多くなる。
ixyIMG_05281a.jpg 
正午過ぎ、新潟港に向けスタート。
ixyaaa1a.jpg 

上信越自動車道「妙高PA」に到着、今宵はキャンプ場のような「緑の中の駐車場」で休憩してゆく。
ixyIMG_05321a.jpg 
一般車の駐車場と完全分離されていてトラックなどの騒音に悩むことは無い。
ixyIMG_05341a.jpg 
本日の走行距離;365Km
明朝早々に新潟港に向け、ここを後にする。

[追記]スイカの収穫
3月初にスイカの種を蒔き、かんぴょう苗を台木に接ぎ木に挑戦し、その後、家庭菜園に定植し育ててきた。
夏旅に出ればせっかく育ててきたスイカが台無しになるゆえ、ここで少し早いかもしれないが収穫することにした。

収穫したジャンボスイカ「サンビスタ」、肥料の利きが悪かったか若干小振りだ。(Φ20*L42)
ixyIMG_05191a.jpg 
割ってみたところ、やはり少し早いかも(着果後46日)、でも、まあまあ食べれそうだ。
ixyIMG_05211a.jpg 
大玉スイカを収穫、ジャンボスイカ「サンビスタ」と同じくらいの大きさになっていた。
ixyIMG_05241a.jpg 
スイカ好きの妻に味見をさせたが、大玉>サンビスタで大玉スイカに軍配が上がったようだ。
何とか、「夏旅の出発までにスイカを収穫する」との目標は達成できた。







<夏>北海道の旅 | 20:15:35 | コメント(6)
枇杷の収穫
 今年は我が家の枇杷は当たり年だ、、。昨年は裏年のためか全く収穫できなかったが、今年はたわわに実っている。 摘果もせず、ほったらかしにして栽培してるため粒は小さく、市販しているものに比べ見劣するが、ヒヨドリなどに食べられる前に熟したものから収穫を開始した。

[枇杷の収穫]
たわわに実を付けた枇杷。
ixyIMG_05011a.jpg 
10年ほど前に、食したのちの枇杷の種をポットに播き芽が出てきたので、畑の片隅に植え育ててきた。
ixyIMG_05041a.jpg 
収穫した枇杷、これは、ほんの一部です。まだ枇杷の樹には大量に残っている、、あと2~3日かけて収穫するが、少しは鳥たちにも残しておこう。 
ixyIMG_05151a.jpg  

[野菜の収穫]
 春野菜たちの収穫は今が最盛期で、我が家の食卓は自家製の野菜で100%占められている。 今年は野菜の接ぎ木苗に挑戦し、それなりの成果が出始めている。特にナスは接ぎ木のものの成長が良く、ここにきて自根との差がついてきた。

毎日これくらいの量の野菜が収穫できる。当然、自家では消費しきれないので近所の友人などにおすそ分けをしている。
 ixyIMG_05121a.jpg

ジャンボスイカ「サンビスタ」の状況、順調な生育で夏旅に出る前に収穫をしてみるか、、。
ixyIMG_05091a.jpg 
大玉スイカ、これも、あと2W程度で食べれる状態になるかも、、。
ixyIMG_05071a.jpg 

我が地方はそろそろ梅雨入りの時期になるが、今月中旬~には梅雨のない地域に避難する予定。




続きを読む >>
野菜つくり | 19:44:43 | コメント(4)
DC炊飯器「タケルくん」
 北海道旅を前にDC12V炊飯器「タケルくん」を購入した。その訳は北海道旅も今回で6回目になり、旅のスタイルを各地を転々と移動するタイプから、キャンプ場に複数日間滞在する滞在型車中泊キャンプに変えてゆくつもりである。キャンプ場なら一日中ゆっくり過ごすことが出来、その時間を生かして自前で食事を準備することも出来る。また幸いに、今までは遠征地で自前料理をするのを敬遠していた”連れ”もその気になってくれてるようだ。

今回は練習を兼ねて自宅で「タケルくん」の試し炊きをし、試食した。
 説明書に従い無洗米とミネラルウオーターを準備。
ixyIMG_04791a.jpg

今日は1合を炊く、付属の計量カップに無洗米2杯入れ、これにミネラルウォーターを1.1倍を加える。
ixyIMG_04801a.jpg 
炊飯時間は25分程とのことだか、今回は31分となった。
ixyIMG_04851a.jpg 
自動で保温モード(緑ランプ)に入り、通電保温を15分間行った。(通電保温のOFFは手動で行う)
ixyIMG_04871a.jpg 
炊飯開始直後のサブBattの電圧をチェック。
ixyIMG_04841a.jpg 
炊飯終了前の電圧、サブBattの電力は心配なくまかなえるようだ。
ixyIMG_04861a.jpg 
炊き上がった御飯、早速、夕食時に試食する。
ixyIMG_04891a.jpg 
これは期待以上の美味しさでクルマ旅での食事のバリエーションが増えると実感した。





機器類 | 20:08:47 | コメント(4)
上信越の旅(8日目/最終日) スパティオ小淵沢から帰路に
5月22日(月)8日目 天気;晴れ
本日の目的;自宅を目指して

本日の走行ルート;スパティオ小淵沢~国道20号~52号線~新東名~自宅まで
春旅8日目 

早朝のスパティオ小淵沢、今日がこの旅の最終日になる。
ixyIMG_04651a.jpg 

途中に立ち寄りした道の駅「白州」 連日の晴天で南アルプスが綺麗に望めた。
ここは幹線国道沿いで通過車両の騒音で悩まされそう。
ixyIMG_04701a.jpg 

午後、自宅に無事帰宅、心配していた家庭菜園をチェック、旅の期間中雨が全然降っておらず水が欲しいところだが、各野菜は順調のようだ。
ixyIMG_04741a.jpg 
ixyIMG_04761a.jpg 
ixyIMG_04721a.jpg 
ジャンボスイカ「サンビスタ」はラグビーボール状になって来た。
ixyIMG_04711a.jpg
本日の走行距離;192Km

今年の春旅は、天気に恵まれ充実した旅を無事終えることが出来た。
これからは夏旅(北海道)の始動まで1ヶ月弱、計画、車両の整備、等々準備してゆかなければ。



<春>上信越の旅 | 17:56:22 | コメント(6)
上信越の旅(7日目) 高峰高原から八ヶ岳山麓へ
5月21日(日)7日目 天気;晴れ
本日の目的;浅間連邦 高峰高原から車坂峠を越して八ヶ岳山麓へ

本日の走行ルート;東吾妻~嬬恋村~高峰高原~佐久市~原村~小淵沢(スパティオ小淵沢)まで
春旅7日目 
朝の「あがつま温泉」の様子、今日も暑くなりそう。
ixyIMG_04401a.jpg 
道中に立ち寄った嬬恋村の高原野菜畑(キャベツ)と浅間山。
ixyIMG_04461a.jpg 
夏場の暑い時期にキャベツを出荷するためか、この時期に機械を使ってキャベツの植え付けていた。
ixyEOS 8000D_00501a 
嬬恋村のキャベツ畑はまるで北海道を思い出す風景です。
ixyIMG_04491a.jpg 
湯の丸高原(地蔵峠)からダートの林道を走り高峰高原方面に向かう(ランプの宿で有名なホテル前)。
ixyEOS 8000D_00511a 
今日の目的地 浅間連邦の北西に位置している標高2000mの「高峰高原 車坂峠」に到着。峠の駐車場から見た小諸市方面、今日は霞んでいるが天気が良い時は前方に富士山を望めることが出来る。
ixyIMG_04571a.jpg 
小諸市から車坂峠まで登る標高差1000m余りのヒルクライムレース(自転車レース)が行われていた。
ixyEOS 8000D_00911a 
この厳しいコースをトップ選手がぶっちぎりで入って来た。
ixyEOS 8000D_00571a 
ixyEOS 8000D_00701a 
佐久市から蓼科(白樺湖)経由し八ヶ岳山麓へ、今宵はスパティオ小淵沢で汗を流し、ここで休息する。
ixyIMG_04621a.jpg 
ixyIMG_04631a.jpg 
本日の走行距離;154Km

今回のクルマ旅は天気に恵まれ順調に消化できた。予定より1日早くなるがこれで終了し明日は途中ブラブラと道草を食いながら帰路につく。




<春>上信越の旅 | 20:17:28 | コメント(6)
上信越の旅(6日目) 六合の野反湖へ~
5月20日(土)6日目 天気;晴れ
本日の目的;群馬県北西部の野反湖を目指す

本日の走行ルート;川場村~赤城山~渋川市~中之条市~六合の野反湖~東吾妻町まで
春旅6日目 
川場田園プラザの早朝、連日の良い天気になりそうだ。
ixyIMG_04101a.jpg

赤城山方面へ、山頂近くの大沼湖に。

ixyIMG_04191a.jpg 
大沼湖のほとりの赤城神社で参拝、旅の無事を祈願する。
ixyIMG_04121a.jpg 
ixyIMG_04181a.jpg 
赤城山のもう一つの湖 小沼湖へ、ここはツツジで有名のようですが、まだ蕾の状態で開花は2~3週間後のようだ。
ixyIMG_04211a.jpg 
群馬県西部方面へ、道の駅「六合」でこんなものが展示されていた。どのような目的か分かりませんが、1970年製のY社製バイクで、当時の手作り感のある雰囲気を残している。今は、このように味のあるバイクを開発する技術者がいなくなったことを嘆いているようです(同感です)。
ixyIMG_04231a.jpg 
ixyIMG_04251a.jpg 
今日の目的地 六合の「野反湖」へ。標高1500mを越しているので、今日の季節外れの暑さには最適の涼しい場所でした。
ixyIMG_04281a.jpg 
湖手前の富士見峠から見た野反湖、晴天に恵まれ湖面のブルーが映える。
ixyIMG_04261a.jpg 
反対側の東端の展望台から見た野反湖。
ixyIMG_04321a.jpg 
今宵は、あがつま峡の温泉で旅の疲れを取る。
ixyIMG_04391a.jpg 
ixyIMG_04371a.jpg 
本日の走行距離;172Km

旅も後半に入り、明日からは本拠地を意識しつつ車を進める。





<春>上信越の旅 | 20:11:16 | コメント(6)
上信越の旅(5日目) 残雪の奥只見は最高!
5月19日(金)5日目 天気;快晴
本日の目的;奥只見を目指す

本日の走行ルート;道の駅「ゆのたに」~シルバーライン~奥只見ダム~銀山峠~魚沼市~湯沢市~沼田市~川場村の道の駅まで
春旅5日目 
早朝の道の駅「ゆのたに」、トラックが1台も停まっていなかった。
ixyIMG_03511a.jpg 
今回の旅のメイン、奥只見シルバーラインで奥只見ダム方面に向かう。
ダムまでの区間は連続した20Kmほどのトンネルが続く。
ixyIMG_03781a.jpg 
長いトンネル(最後の第9トンネルの全長10Km)を抜けると広い駐車場の奥只見ダムの展望所が見えてくる。
ixyIMG_03771a.jpg 
駐車場の展望所から見た残雪の中の奥只見ダム。
ixyIMG_03631a.jpg 
ixyIMG_03601a.jpg 
ixyIMG_03661a.jpg 
雪解けが始まったばかりで、残雪の傍で見つけたフキノトウ。
ixyIMG_03701a.jpg 
ダムで発電された電力は、奥に見える変電所で各方面(主に関東)に送電されている。
ixyIMG_03761a.jpg 
その後、奥只見湖が見える銀山平の方向へ。
ixyIMG_04001a.jpg 
福島県方面へは(国道352号)冬期通行止め(開通は6月中旬頃とのこと) 銀山平までは通行可能。
ixyIMG_03811a.jpg 
銀山平のダム湖遊覧船乗り場、残念ながら明日20日から営業開始のようです。
ixyIMG_03941a.jpg 
銀山平キャンプ場から見た荒沢岳方面の山並、キャンプサイトはまだ雪の中、夏場のキャンプは最高かも。
ixyIMG_03841a.jpg 
湖畔では桜(ソメイヨシノ)が満開状態だ。
ixyIMG_03911a.jpg 
十分に奥只見を堪能した後、再びシルバーラインで魚沼方面へ引返し、その後、群馬県沼田市方面に向かう。

今宵の休憩地の近くの立ち寄り温泉「いこいの湯」で疲れを癒す。
ixyIMG_04031a.jpg 
今宵の休憩地 道の駅「川場田園プラザ」へ、ここは尾瀬への旅で毎回利用させて頂いている道の駅で、今回で3度目になる。
ixyIMG_04051a.jpg 
この道の駅での何よりも楽しみは、駅内の地ビールレストランでの夕食で、各種の地ビールと”もち豚の串焼”きが美味だ。
ixyIMG_04071a.jpg
本日の走行距離; 177Km。

秋の「紅葉の奥只見」も素晴らしいと思うが、いや、いや、、このシーズンの春の新緑と残雪」は、それに”勝るとも劣らない”と思う。






<春>上信越の旅 | 20:10:08 | コメント(4)
次のページ

FC2Ad